コーチCTC
TOP

What's New

コーチングって何?

コーチングの効果

コーチングプラン

スーさんの部屋
 ◆スーさんの部屋 
  ・行動力基本動作10カ条

   これは、仕事を始める時から完結するまでを10個のステップに分け、
   それぞれの段階で必要な基本動作を明示したものです。
   仕事を始める時には、まず「時間厳守」と「決意表明」が必要です。
   そして計画を練った後、計画に沿っての行動を展開しながら成果を求めていきます。
   もちろん、その間の必死な努力も必要ですが、
   仕事が終わった時の上司へのタイムリーな報告が最も重要です。

   まずは仕事を進める手順を冷静に考えてください。
   そして、それぞれのステップでどのようにして取り組むべきか、
   皆さんなりに理解した上で行動を起こしてみてください。

 第1条
  ぐずぐずと始めるな!時間厳守!
  行動5分前には所定の場所で、仕事の準備と心の準備を整えて待機せよ!
 第2条
  行動にあたっては、短期間に最高の成果を 上げることを心に誓え。
  そして、心の中に達成意欲がメラメラと燃える までは決して行動に移ってはならない。
  やってやるぞと一声叫べ!
 第3条
  指示を受けたら大きな声でハイ!と返事をし、直ちに取り掛かること。
  いったん行動を開始した後は、猟犬のごとく 忠実に、キツネのごとく賢く、
  そしてライオンのごとく勇猛に!
 第4条
  始めに結果の報告書を作成し、仕事の進行 と共に空欄を埋めて行け!
  これを企画という。
 第5条
  行うべき作業を列記し、項目に優先順位を 記せ!
 第6条
  行動は敏速を旨とす。
  このためには動作はきびきびと、言語は簡潔明瞭にてきぱきと進めよ!
 第7条
  質問されたら全員即座に手を挙げ、指名された 者は簡潔明瞭に答えること。
  わからない場合はわからない旨はっきり答えよ!
 第8条
  いかなる困難に直面しても目的を放棄せず、 時が深更に及ぼうとも
  最後までやり遂げる 不退転の強い意志をもて!
 第9条
  行動の価値を決定するのは、所要時間と 結果の善し悪しである。
  最も短い時間で最良の結果を得られるよう、 常に手順・方法を工夫改善し、
  昨日より今日、今日より明日と、時間の短縮と結果の向上を 図れ!
 第10条
  行動は命令者への結果報告によって完了する。
  やりっぱなしは何もしないよりまだ悪い。 報告および事後処理を完璧にやれ!


このページの先頭へ

  1.コミュニケーション
  2.「夢」と「目標」
  3.承認する
  4.Speed and Accracy
  5.健康管理
  6.ライフバランス
  7.4つの行動パターン
  8.効果的な質問
  9.三現主義
  10.行動力基本動作10カ条
  11.Assertiveness
  12.5Sの定義
  13.できないことを知らない
  14.時間管理は
     エネルギー管理
  15.Have ToとWant To
  16.人生の転機
  17.心の知能指数
  18.心の知能指数2
  19.PREP法
  20.ビリーフ
  21.ヴィジョンを明確にする
  22.WLB第2弾
  23.ホウレンソウ
  24.マッチャーと
     ミスマッチャー
  25.5Cとは?
イベント情報

お申し込み

お問い合わせ

スーさんのブログ

おすすめの本

コーチ職歴詳細

私の強み

リンク集