コーチCTC
TOP

What's New

コーチングって何?

コーチングの効果

コーチングプラン

スーさんの部屋
 ◆スーさんの部屋 
  ・ホウレンソウ

 

 

  

  今日は「ホウレンソウ」の話です。
  と言っても、私が畑で作っている自慢の「無農薬のほうれん草」のことではありません。
  「報告・連絡・相談」のことです。それぞれの頭文字をとって「ホウレンソウ」と呼んでいます。
  この「ホウレンソウ」とはどういうことなのか、そして何が大切なのか、
  ということを皆さんと一緒に考えて見ましょう。



  まず、「ホウレンソウ」の定義とその意味です。



  報告;基本的に業務に関する事柄について、その現状、問題、結果などを伝えること。

       アクションを起こすかどうかは、報告の受け手が決めることが多い。
       部下が上司に対して行うもの、と言う考え方が強いが上司から部下に対して行うことも重要。

  連絡;関係者に事実を伝えること。

       伝える相手にアクションを促すことが多い。
       連絡に上下の関係はなく、スピードと伝達確実さが何より重要。連絡は業務の必須事項。

  相談;業務および個人的な事柄についての問題を伝え、解決策を求めること。

       アクションは相談する側が起こすことが多い。
       部下が上司に相談するのが一般的だが、双方向が望ましい。




  以前、「コミュニケーションはキャッチボール」と言うことを言いましたが、「ホウレンソウ」も同じです。
  「ホウレンソウ」が慢性的に不足すれば、組織全体の情報の循環が滞り、機能不全に陥ります。
  野菜の「ほうれん草」は栄養も豊富です。
  これをとることを忘れてしまうと、病気になりやすくなるのと同じで、
  「ホウレンソウは組織の栄養源」ともいえます。

  上司と部下の間で「ホウレンソウ」がきちんとなされていないと、
  チームワークが乱れて仕事の能率が低下したり、小さなミスが大きな問題に発展するなど、
  業務に対するさまざまな支障が生じたりします。



  最近は口頭ベースと言うより、メールなどで「連絡」を行うケースが増えています。
  その場合でも、


    @相手に連絡が伝わったか、必ず確認する
    A連絡を受けたらスピーディに返事をする、事が大事です。



  単純に「メールで連絡済み」とせずに、大事なことに関しては必ず電話でフォローしてください。
  また、「24時間以内に返事をする」ことも自分のルールとして確立してください。
  「ホウレンソウ」は、組織内で発生するさまざまなリスクを最小限に抑え、
  仕事を順調に進めるために欠かせないものなのです。
  私も含めて、皆さん一人ひとりがこの「ホウレンソウ」を確実に行うことにより、
  部門内外のコミュニケーションは一段と改善されるはずです。
  日常の自分の行動を振り返り、この「ホウレンソウ」が実施できているかどうかを考えて見てください。
  そして、確実に実行して行くようにしましょう。





このページの先頭へ

  1.コミュニケーション
  2.「夢」と「目標」
  3.承認する
  4.Speed and Accracy
  5.健康管理
  6.ライフバランス
  7.4つの行動パターン
  8.効果的な質問
  9.三現主義
  10.行動力基本動作10カ条
  11.Assertiveness
  12.5Sの定義
  13.できないことを知らない
  14.時間管理は
     エネルギー管理

  15.Have ToとWant To
  16.人生の転機
  17.心の知能指数
  18.心の知能指数2
  19.PREP法
  20.ビリーフ
  21.ヴィジョンを明確にする
  22.WLB第2弾
  23.ホウレンソウ
  24.マッチャーと
     ミスマッチャー
  25.5Cとは?
イベント情報

お申し込み

お問い合わせ

スーさんのブログ

おすすめの本

コーチ職歴詳細

私の強み

リンク集