コーチCTC
TOP

What's New

コーチングって何?

コーチングの効果

コーチングプラン

スーさんの部屋
 ◆スーさんの部屋 
  ・健康管理

 
 年が明けたとき、あるいは大晦日の晩に「旧年はこうだった。新年はこうしたい」という
 「目標設定」をされる方が多いと思います。
 我家では、子供たちが小学校に入る前からこうしたことをやってきました。
 最近は、皆独立しましたのでやっていませんが、以前は大晦日の晩に私を含め、
 各自が(1)今年の重大(十大でも可)ニュース、
 (2)翌年の目標、の2点を家族全員に報告することを義務付けていました。
 これによって子供たちが成人になってからも、常に「振り返り」と「目標」を意識する習慣が
 身に付いたこともあり、とても有意義だったと感じています。
 皆さんもご家族でやってみたら如何でしょうか?


 2009年の私のテーマの一つに「健康管理」があります。
 目標を(1)体重、(2)体脂肪率、(3)毎日の歩行数におき、
 それぞれ具体的な目標値を設定し、その達成度合いを自宅のPCで管理していくことにしました。
 (1)と(2)についてはすでに2001年から継続して実施していますが、
 (3)に関しては昨年から測定を始めました。特に今年は(3)に力を入れ、
 一日10,000歩、年間366万歩を目標にしています。
 毎日のDataを年間ベースでも集計し、目標値との差が常に把握できるような仕組みを作りました。



 なぜ「健康管理」に注目するのかといいますと、私自身の経験がその発信源になっているからです。
 私は43歳のときに「眼底出血」を患い、右目の眼球の中に血液が充満して全く見えない状態になり、
 「失明覚悟」の誓約書を書かされて手術を受けたことがあります。
 幸いにも原状回復できましたが、手術の前後約2年間苦しみました。
 それまでは余り「健康」を意識しておらず、食べるのも飲むのも好き放題にしていましたが、
 これを契機に食生活を含め、多くのことをガラリと変えました。
 皆さんそれぞれ個人的な嗜好もあるので「こうしなさい」あるいは「これがベスト」
 などと言うつもりは毛頭ありませんが、そのころから私自身が注意し、
 実行している4つのことを皆さんに紹介します。
 皆さんは余り気にしないかもしれませんが、これから先のこと、
 家族や友人のことなどを考えて参考にしていただけたら幸いです。


 まず最初は煙草です。
 私は20歳のときに十二指腸潰瘍を患い、医師から「酒か煙草か、どちらかを止めなさい」と言われ、
 「酒は止められそうにないから、煙草だけは止めよう」と決断し、その翌日から禁煙を始めました。
 しかし、正直言ってその後も酒を飲んだときには多少喫煙していました。
 煙草は「健康」と言う観点からは良いことは一つもないと思い、
 「眼底出血」を契機に完全に止めました。
 今、煙草を吸っている方は是非「禁煙」を目指しては如何でしょうか? 
 喫煙は自分だけでなく、家族や周囲への悪影響も計り知れません。


 二つ目は飲酒です。
 「眼底出血」をする前は、1年間で飲まなかった日は僅か数日。
 それも前の晩に飲みすぎて余り飲みたくなかったから、と言うレベルでした。
 この病気になったときは2年以上完全に酒を断ちました。
 現在でも、歓迎会などのイベントがない限り、月曜日から木曜日までは一滴も飲みません。
 週末も娘たちや友達などが訪ねて来ない限り、缶ビール1本に留めています。
 肝臓のためにも「休肝日」を設けることは非常に重要だと思います。


 三つ目は食生活です。
 それまでは肉を好んで食べていましたが、
 もともと好きだった魚に切り替え、野菜を多く取るように変えました。
 今では自分の畑で作っている「無農薬・有機肥料」の野菜が主体です。
 野菜そのものだけでなく、野菜ジュース、納豆や豆乳、そして色々な料理に
 「すり胡麻」を振りかけたりして、出来るだけ多種類の野菜を摂るようにしています。
 また、平日は夕食から寝るまでの時間が短いため、血糖値が異常に上昇したことがありました。
 そこで、夜はご飯を食べないようにし、野菜や魚などのおかずだけを食べるように変えたら、
 血糖値が劇的に下がりました。
 血液をサラサラに保ち、コレステロールや血糖値、
 γ-GTPなども低く抑えていくことを目標にしています。


 最後は運動です。
 特に週末は意識的に沢山歩いたり、毎晩筋トレやストレッチをしたり、色々な試みをしています。
 運動は単に体だけでなく、気分的にもリラックスできるので、
 精神的な面での効果も大きいと思います。
 1月1日から6日までの間で116,378歩(1日平均19,396歩)も歩きました。
 1歩が約80-90cmとして計算してもかなりの距離を歩いたことになります。
 また、6月10日から、早朝にSlow Joggingと呼ばれる「競歩程度」の速度で40〜50分走っています。
 歩くことによる「有酸素運動」はとても重要だそうですが、
 歩くこと以外にもできるだけ体を動かすことを意識し、実践しています。
 私は年に1回の定期健診を含め、血液検査も年に2回受けており、
 過去のDataも保存していますが、検査項目の全てが基準値以内に入っています。


 自分の人生にとって「健康」が全ての基礎であることを理解して頂けたらと思います。
 皆さんも是非これを再認識していただき、
 ご自身でどうやって「健康管理」をしていくかを決めて実行してください。



このページの先頭へ

  1.コミュニケーション
  2.「夢」と「目標」
  3.承認する
  4.Speed and Accracy
  5.健康管理
  6.ライフバランス
  7.4つの行動パターン
  8.効果的な質問
  9.三現主義
  10.行動力基本動作10カ条
  11.Assertiveness
  12.5Sの定義
  13.できないことを知らない
  14.時間管理は
     エネルギー管理
  15.Have ToとWant To
  16.人生の転機
  17.心の知能指数
  18.心の知能指数2
  19.PREP法
  20.ビリーフ
  21.ヴィジョンを明確にする
  22.WLB第2弾
  23.ホウレンソウ
  24.マッチャーと
     ミスマッチャー
  25.5Cとは?
イベント情報

お申し込み

お問い合わせ

スーさんのブログ

おすすめの本

コーチ職歴詳細

私の強み

リンク集